DOG

ねぇ知ってる?パグとフレンチブルドッグの違い

by azu | 2019.09.10 更新


まず最初にパグとフレンチブルドッグの違いってわかりますか??
説明できるかた少ないと思います。

見た目がよく似ていて、見分けのつけ方が難しいパグとフレンチブルドッグの違いについて説明していこうかなと思います。
犬好きの方は是非とも読んでいただけたら幸せです(^_^)

歴史も違うの??

パグの歴史は?

パグの歴史は古く2400年前からペットとして飼われていたとされています。

ペキニーズと類似している点や、チベットでパグの祖先犬とされる犬が飼育された歴史から、中国王室で飼育されていた小型犬が起源とされています。

17世紀にオランダの「東インド会社」によってヨーロッパへ伝えられ、フランス・イギリス・ドイツなどヨーロッパ各国に広まりまりました。
ナポレオンの妻「ジョセフィーヌ」やロシアの「エカテリーナ2世王妃」、イギリスの「ウィリアム3世」もパグの愛好家だったといわれています。

ヨーロッパで1900年頃に一度人気が衰えて絶滅寸前まで数が減りましたがアメリカで再び人気が出始め、現在に至ります。

フレンチブルドッグの歴史は

フレンチブルドッグの起源では多くの説がありますが、1880年代頃にフランスのレース職人によって、イギリスの小型ブルドッグとパグやテリアなどが交配されて誕生したとされています。

誕生した時は、パリでネズミ捕りとして活躍していましたが、愛らしい外見からペット犬として人々に愛されはじめました。
日本にフレンチブルドッグが来たのは大正時代で、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されていました。

パグとフレンチブルドッグの違いとは?

その1.体型が違う

■パグ:体型のわりにはギュっと詰まっていてシワが多い
■体重:少し小さめの6〜8Kg程です。

■フレンチブルドッグ:胸板が厚くどっしりしていて、前脚の間が広め
■体重:パグより倍の8〜14Kg程です。

その2.耳の形が違う

■パグ:垂れ耳が特徴です。垂れ耳が折り重なっているのが特徴の「ローズイヤー」と 前に垂れているのが特徴の「ボタンイヤー」の2種類がいます。
パグの画像
■フレンチブルドッグ:立耳が特徴で「コウモリ耳」です。

フレンチブルドッグの画像

その3.しっぽ

■パグ:高い位置でクルンとなっているのが特徴です。

■フレンチブルドッグ:低い位置にあり、豚みたいな短いです。
          また、生まれつきしっぽのない子もいるみたい。

その4.性格の違い

■パグの性格
【中国産】
基本的には落ち着いていて、温厚で甘えん坊な性格です。
飼い主さんといることが楽しいと感じるとても愛くるしいわんちゃんです。
暑さや寒さに弱いので対策をしっかりとってあげましょう。

■フレンチブルドッグの性格
【フランス産】
勇敢で好奇心旺盛な性格です。また、気まぐれな一面もあります。
勇敢で、利口な性格なので良い番犬になりますよ!
パグと同じで、寒さや暑さに弱いので対策をしっかりあげましょう。

その5.価格の違い

■パグ:顔のシワが多く愛くるしいパグの価格はだいたい10万円前後です。
    ですが、色や顔によって5〜30万円と差がでる場合もあります。

■フレンチブルドッグ:シワがあまりないフレンチブルドッグは、15〜25万円程です。
          価格の高い色順は、バイド、クリーム、ブリンドルです。
          子犬の体格などで値段は変化します。

ブサイクだけどそこが愛くるしい!!!

パグの画像

他の犬種にはない、ブサカワですよね。鼻ぺちゃでシワシワ、そこがまた愛くるしいですね。

これから犬を飼おうと考えている方、是非ともおすすめするわんちゃんです。
とても懐きやすいわんちゃんだと思いますので検討してみてはいかがでしょうか??

azu