DOG

腰に負担をかけないで!胴長短足ダックスのかかってしまう病気!あなたの愛犬は大丈夫?

by minami | 2016.09.14 更新


体が長いと腰に負担が、、、

疾患椎間板

疾患椎間板・・・人間でいうところのヘルニア。体躯の長い犬種なので、そもそも腰に負担が大きくなりなりやすい病気。
さらに老齢で筋力が衰えてくると、運動障害になり歩けなくなることもあります。

階段などの段差や、ソファーなどジャンプして上るところは注意が必要。腰に負担がかかりヘルニアの原因になることも。
ヘルニアになるとワンちゃんが元気がなくなり、手術が必要なこともあります。
身体の小さなワンちゃんには負担も大きいので、なるべく手術はさせたくないです。
ミニチュアダックスではよくありがちな病気なので要注意です。

垂れ耳ワンちゃんには付きもの!

外耳炎

外耳炎・・・垂れ耳犬種の為、耳の通気性が悪く炎症が起こりやすくなっています。
痒がったり、耳の中に変化が現れ始めたらは速やかに受診をしてください。外耳炎以外の病気も考えられます。

炎症にならないように、しっかりと愛犬の耳はお掃除してあげましょう。
わんちゃんが耳を掻いてる姿はちょっとかわいいですが、よく愛犬の事を見てて上げてね!!

マーブル柄のワンちゃんは注意!

黒色毛包発育不全

黒色毛包発育不全・・・白黒のブチ犬などに発症します。黒い部分の毛が脱毛したり鱗屑という症状を起こす病気です。

ロン毛のワンちゃんは気を付けて!

ワクチンアレルギー・・・

ワクチンアレルギー・・・長毛種のダックスフントは不活化ワクチンを摂取した際、アナフィラキシーのような
反応が現れてしまうことがあります。不活化ワクチンとゆうのは7種以上のワクチンのことです。

始めてワンちゃんがアレルギーになると、顔などが大きく膨らんで飼い主が不安になってしまいます。
アレルギーの原因を確かめてあげて。顔が膨らんで元気がなくなったワンちゃんをみると心配で心配でたまりません。

やっぱり一番心配なのは疾患椎間板!この病気は何としてでも避けてあげたいですよね。
小さいころから腰に負担をかけない環境造りはすごく大事みたいです。
ダックス愛好家の皆さん!腰は大切に、、、

minami

犬も猫も動物がなんでも好きです。