CAT

折れ耳とまぁ~るいお顔にメロメロ♡”スコティッシュフォールド”人気の秘密に迫る!

by shoko | 2018.04.19 更新


ネコには様々な品種がいますが、
その中でも最近注目されているのが「スコティッシュフォールド」

折れ耳と丸い顔が特徴で、とても可愛らしいフォルムのネコちゃんです♡
スコティッシュフォールドを飼おうかなと考えていた方は必見!
スコティッシュフォールドならではの魅力と特徴をお伝えしていきます。

どんな猫?

”スコティッシュフォールド”
原産地:イギリスのスコットランド
体重:オスは4~6kg、メスは2.7kg~4kg程度
毛:長毛タイプと短毛タイプの2種類

丸いフォルムが愛らしく、今とても人気の猫の品種です。
”スコティッシュフォールド(Scottish Fold)”の名の由来は
Scottishは原産国の”スコットランド”から、Foldは耳が”折れ(fold)”ていることからです。

特徴

スコティッシュフォールドが人気の理由は、他のネコちゃんにない可愛らしい見た目や飼いやすい特徴があるからです。

・折れ耳、小さい耳
一般のネコとの一番の違いは耳です。スコティッシュフォールドといえば折れた耳が特徴的ですが、実はスコティッシュフォールド全体の3割ほどしか折れ耳の子はいないそうです。
折れ耳は顔と一丸となり、全体が丸みを帯びて見えるのでとても可愛らしい印象ですよね。
この耳は突然変異によるものなので、折れ耳でない立ち耳タイプのスコティッシュフォールドもいます。
立ち耳タイプも、一般のネコの耳よりは小さい三角形の耳を持つ子が多いです。

・丸顔、丸い目
くりくりの丸い目はフクロウに似ているとも言われています。
やや楕円型の丸い顔は、他のネコちゃんにはあまりいない特徴です。

・ぽってりとした体
ぽってり丸みを帯びたフォルムには愛嬌があります。
やや太っているほうが可愛く見えるのかも・・?

・きれいな毛並み
スコティッシュフォールドの毛は柔らかく、まるでシルクのようななめらかな触り心地です。

スコ座り

スコティッシュフォールドに多く見られる座り方は独特で、”スコ座り”とも呼ばれています。
その人間らしい姿が親しみ深く人気のひとつです。
足を前に投げ出したようなポーズで、まるで人間がくつろいでいるかのようですね。

鳴き声が小さく、おとなしい

鳴き声が小さいので近所を気にすることなく飼いやすい猫でもあります。
あまり「ニャーニャー」とは鳴かず、「ンアー」「ウー」というような鳴き方が多いです。
また、おとなしい性格なので家の中での運動量が少なく、物を倒したり暴れたりなどトラブルも他のネコに比べ少ないです。
可愛いフォルムに加え、飼いやすい猫ちゃんでもあるのでとても人気なのです。

歴史

イギリスでは最も古い猫種の一つとされているブリティッシュショートヘアがローマ帝国のイギリス襲撃の際(1~5世紀頃)であったのに対し、
スコティッシュフォールド誕生の歴史は浅く、20世紀頃のお話になります。

現在、世界中で広く飼われているスコティッシュフォールドの歴史は、1頭の白い猫にさかのぼります。
それは、イギリス・スコットランド地域の農村にいた折れ耳のメス猫で、1961年に羊飼いウィリアム・ロスが発見しました。ロスは、猫の住んでいた納屋の持ち主に猫を譲り受け、スージーと名付けて飼育を始めました。
しっかりした体格で真っ白な被毛、人懐こく賢く愛らしい気質で、不思議な形の折れ耳をしたスージーは、ロスの手により交配され子猫を生みました。その中に、スージー同様の折れ耳の子猫がいたことから、ロスは折れ耳猫の繁殖を始めることにしました。

”突然変異”で偶然生まれた一匹の猫の発見により、スコティッシュフォールドの歴史が始まりました。
しかしイギリスでは繁殖させている際に骨格と聴力の異常が続発したことから、品種の登録と繁殖を中止しました。

イギリスで繁殖を中止することになったスコティッシュフォールドは、アメリカへ輸出されて繁殖を続けられることになりました。スコティッシュフォールドの遺伝疾患と品種確立の研究はアメリカでも続けられ、1970年代後半までに、交配の際にブリティッシュショートヘアもしくはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。
そして1977年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)、猫種として登録が認められることになりました。
(※一部割愛)出典:みんなの猫図鑑

イギリスからアメリカに渡り、ようやくスコティッシュフォールドは世に広まりました。
最近になり愛されるようになった”今どき”ネコちゃんなのです。

性格

人見知りをしない性格で、人懐っこく、甘えん坊さんです。いつも一緒に家族といることが好きです。
おっとりしているので猫同士の喧嘩もあまりしません。
他の動物との相性もよく、元々犬等を飼っている人には一緒に飼いやすい猫ちゃんです。

様々なカラー

スコティッシュフォールドは長毛タイプと短毛タイプがいるので、カラーの種類が豊富です。
猫は同じ品種でも、色によって印象が変わりますよね。

シルバータビー、レッドタビー

aqkrrptさん(@aqkrrpt)がシェアした投稿

タビーとは縞模様のことを言います。他のネコでもよくみられる模様です。
多いのはシルバータビーやレッドタビーの子です。

キャリコ

小梅と小春さん(@moon10061117)がシェアした投稿

キャリコとは三毛のことです。スコティッシュフォールドの中では珍しいと言われるカラーです。
この三色カラーは日本でもなじみ深い色ですよね。濃い色と薄い色の子がいます。

単色(ソリッドカラー)

単色の子はソリッドカラーと呼ばれます。白、黒、レッド、クリーム、ブルー等がいます。

シェーデッド

シェーデッドとは、毛の根元は白く、毛先に行くほど毛の色が濃くなっているタイプです。
見る角度によって色が変わるように見えるので綺麗な色です。

飼い方のポイント

耳掃除

折れ耳タイプの子は耳が閉じている分汚れがたまりやすくなるので、定期的に耳をチェックし、汚れがたまっていれば掃除してあげる必要があります。
耳掃除にはコットンを使うと、優しく簡単に掃除することができます。
耳掃除をする前に、まずは耳の付け根をマッサージするように揉んであげるとリラックスしてくれます。
耳用の洗浄液をコットンに含ませ、耳の外側から優しくゆっくりと拭き、汚れを取り除きます。

ブラッシング

長毛タイプの子は、日ごろのブラッシングケアが重要になります。綺麗な毛を保つために、定期的なブラッシングをしてあげましょう。
毛が長いため絡まりやすく、放っておくと後から絡まった毛をほどく時に大変です。
ほどけないからと言って力を加えて強く引っ張ってしまうとネコちゃんに負担がかかってしまいます。
絡まりすぎてしまうと、最悪毛をカットしなければならないこともあります。
週に2~3回以上はブラッシングをしてあげましょう。
短毛タイプの子にもブラッシングやコーミングはしてあげましょう。

ブラッシングやコーミングはマッサージ効果もあり、血行を促進してくれます。
ネコちゃんがリラックスしてくれるのでオススメです。
また、ノミやダニも除去することができるので衛生的です。

コミュニケーション

スコティッシュフォールドは他のネコに比べ、甘えん坊な性格面があります。
あまり放っておくとストレスになってしまうこともあるので、いつもと違う鳴き方をしていたり何か違うなと感じたときは、一緒に遊んであげましょう。
たくさんコミュニケーションをとってあげることで、飼い主さんとネコちゃんとの仲も深まることでしょう。

気を付けたい病気

スコティッシュフォールドは生まれたルートに近親交配が多いため、遺伝性の疾患にかかりやすい猫です。
特徴的な折れ耳も、元々は突然変異で起きた「骨の形成異常」により生まれたものです。
そのため、他の骨や関節部分も遺伝的な疾患にかかってしまうリスクが高いのです。

骨軟骨異形成症

遺伝的な疾患として多いのが「骨軟骨異形成症」という病気です。簡単に言うと、骨が正常に成長しない病気のことです。
骨がうまく成長していないため、歩きづらくなってしまったり、痛みを伴うことがあります。
特にスコティッシュフォールドでよく報告されているのは「骨瘤(こつりゅう)」と呼ばれる軟骨のこぶです。
足やしっぽの関節部分が大きくなり、こぶができてしまいます。
日ごろから足やしっぽ等の体を触ってあげたり、歩き方をよく観察してあげて、何か異常だと感じた場合はすぐに動物病院へ連れていきましょう。
現在では主に症状の進行を遅らせたり、痛みを和らげる治療法があるので早めに対応してあげましょう。

外耳炎

スコティッシュフォールドの折れ耳は通気性が悪く汚れがたまりやすいので、放っておくと「外耳炎」になりやすくなります。
外耳炎とは、耳の炎症です。かゆみを伴い悪化してしまうとさらに重い病気にかかるばあいがあります。
主な症状として、耳垢が大量に出る、耳が臭い、耳をしきりに掻いたり頭を振る、耳が赤い等があります。
前節で紹介した耳掃除を定期的におこなってあげれば防げる病気です。日ごろから耳の中を清潔にしてあげましょう。

多発性嚢胞腎

「多発性嚢胞腎」は先天性の腎臓病です。年を重ねていくとゆっくり症状が進みます。
腎臓にできた小さな嚢(液体を入れたふくろ状の構造)が、数を増やしながら大きくなっていき、腎臓が非常に大きくなってしまう病気です。
腎機能が低下していき、重症になると治すことが困難な病気です。症状としては食欲不振、多飲、多尿、体重減少、嘔吐などが見られます。
定期的に健康診断に行かせ、症状が重くなる前に早期発見して処置することが大切です。

まとめ

スコティッシュフォールドの人気ポイントをまとめると

・他のネコにない”折れ耳”や”丸い目と顔”が可愛い
・甘えん坊な性格で、日々のコミュニケーションに癒される
・鳴き声が小さく、運動量が少ないので集合住宅で飼いやすい
・毛の長さや様々なカラーで個性のある子を探せる

です。可愛いだけでなく、飼いやすいのも人気の一つのようです。

ただ、遺伝的な病気にかかりやすい品種にはなるので、飼っている方や購入を検討してる方は日ごろからよく観察・ケアをして病気を予防するようにしましょう。

いろんな種類のスコティッシュフォールドがいますので、是非お気に入りの子を探してみてはいかがでしょうか。

参考サイト:みんなの猫図鑑COCOA子猫のへや岩手大学動物病院ねこちゃんホンポ


shoko

shoko

ピンポンパール(金魚)を飼っています。小さい生き物ながら慣れない水槽環境の維持に苦戦中…。金魚やカメくらいしか生き物を飼ったことがないですが、動物と触れ合うのは好きです。全国のいろんな動物園や水族館に行ってみたい!


  • 夏はツライよ…。愛犬が快適に過ごすための暑さ対策!

    夏はツライよ…。愛犬が快適に過ごすための暑さ対策!

    2019年8月20日更新

    梅雨も明けこれから暑い日が続きそうですね(^^;)散歩が好きな愛犬を外に連れて行ってあげたい!と思いますよね。 みなさんは夏のワンちゃんのお散歩どうしていますか?犬の平熱は人間より1度以上高く、全身被毛で覆われているので […]

  • カンガルーと似すぎ!?愛嬌のある顔が可愛くてたまらないワラビーの魅力

    カンガルーと似すぎ!?愛嬌のある顔が可愛くてたまらないワラビーの魅力

    2019年8月19日更新

    よく動物園で見かける、オーストラリアにたくさん生息しているワラビー!! そして、カンガルーによく似ていますが、ペットとして飼育できるって知っていましたか?? カンガルーと何が違うの??と知らないことたくさんあるワラビー。 […]

  • 秋田犬を飼う。

    秋田犬を飼う。

    2019年8月8日更新

    秋田犬聞いたことがある!!って方いると思います。 よく耳にするのが、渋谷駅にある「忠犬ハチ公」ですね。 しっぽがくるっと丸くて、耳がパッと立って、大型犬として立ち姿や振る舞いもスッとしていてかっこいい秋田犬。 そして、生 […]