ANIMAL

種類が多すぎる?!!丸くてホワホワしているフクロウ

by azu | 2019.09.04 更新


近年人気になってきたフクロウ。
そして、最近ではないですが”フクロウカフェ”ができたりしてますよね。

某作品にも出ていたり、ペットとして飼育している方も増えてきているみたいです。
そんなフクロウについて紹介して行こうかなと思います。
可愛い種類がたくさんいますよ〜!!!

フクロウってどんな動物?

フクロウは種類や個体によって少し違うみたいです。
フクロウは種類によって全然違うので性格はこうです!とは断定できませんが、基本的な性格としては、神経質な性格のフクロウおっとりしていておとなしい性格のフクロウの2種類にほぼ分かれるようです。
飼育する際は性格を調べて自分好みのフクロウを飼育するといいかなと思います。

フクロウには小型種・中型種・大型種といるって知ってた?

小型種

・コキンメフクロウ
・アナホリフクロウ
・アフリカオオコノハズク

◎小型種は飼育数が圧倒的に多いです。小型種の寿命は10〜15年程です。飼育するとなると体重管理が難しくなります。
小さいから飼育が楽というわけではなく、少しの体重の変化や体調が命取りになってしまいます。
小型種を飼育するには少々大変かもしれません。

コキンメフクロウ

中型種:

・メンフクロウ
・フクロウ(ウラルフクロウ)
・ウサギフクロウ
・チャコモリフクロウ
・メガネフクロウ

◎中型種は飼いやすいフクロウです。初心者での飼育だったら中型種がベストです。

メンフロウ

フクロウの画像

大型種:

・ベンガルワシミミズク
・アメリカワシミミズク
・シロフクロウ
・カラフトフクロウ
・ユーラシアワシミミズク

◎存在感抜群の大型種。大きいだけに飼育難易度も高めです。
小型種と一緒に飼う場合は事故や怪我が起こらないように別室飼育にするなどの注意が必要です。

大型種は30年以上生きることもあるようで、生涯長い付き合いになると思うので、飼い主の年齢なども考慮してからお迎えをしましょう。

ベンガルワシミミズク

フクロウの画像

価格は??

大体ですが、20〜80万円程です。
種類によって相場は変わってきますので、80万円も出さなくても可愛いフクロウを飼うことはできます。
飼育したいという場合は、好みの顔などあると思うのでペットショップやブリーダーの方から購入してみてはいかがでしょう?

ペットにするメリット

掃除が簡単

我フクロウは係留飼育のため、ゲージが必要ありません。どんな動物も小屋掃除が大変ですよね。
小屋掃除がないという点ではフェレットやハムスターよりお世話が簡単なのではと思います。

ケージ飼いだと羽根が傷付くと言われています。

基本的に止まり木の上にちょこんと乗っています。木に止まっていれば、木の下A3程の範囲しか糞尿で汚れません。
なので、ペットシーツを木の下に敷きます。ただし、ペットシートをイタズラする子に関しては絶対に使用しないでください。飲み込むと大変危険です。(係留飼育の場合)

夜も静か

夜行性なので夜うるさいと思われがちですが、気になる程ではありません。
もちろん夜行性なので少しは活発になりますが、遊びに飽きたら寝るみたいです。
(種類によって昼行性のフクロウもいます。)

臭くない

動物の中では匂いのする動物もいますが、フクロウはほぼ無臭です。
トイレの数も少ないです。

デメリットもある??

餌の処理

冷凍エサ(マウス・ひよこ・ウズラ)を解凍し処理が必要です。また、マウスはお腹を裂いて糞の詰まった腸を捨て、ひよこは卵黄部分を捨てたものを与えます。

既に下処理が終わっていているものも販売していますが、自分でエサの下処理も出来ないのであれば無理して猛禽類を飼わないほうがよいかと思います。

粉!!!!!

尿や糞の処理が大変と思われがちですが、脂粉(しふん)というフクロウにとってフケみたいなものと、羽鞘(うしょう)という新しい羽根のカス・抜けた羽がたくさん落ちます。フクロウを飼育ではこの細かい粉や換羽の羽根が舞ます。

糞尿の掃除よりも羽根の掃除が大変です。

こまめに掃除機をかける必要あります。フクロウカフェやペットショップでは毎日掃除機をかけているハズなので(たぶん)、フクロウの脂粉に気付かないかもしれません。

部屋の中を自由に飛ばすなら広範囲で脂粉や換羽の羽根が舞います。対策をしなければコップやお皿の中に入ることもあるでしょう。ハウスダストに弱い人なんてとてもじゃないけどお迎えは厳しいですね。

まとめ

フクロウをペットにしている方が多くなってきてますね。
カフェもブームになっていたりします。
しかし、フクロウの粉がとても気になってしまいますね(笑)
フクロウを飼育するにはメリットやデメリット有りますが、一度は飼育してみたいなと思いました。
種類もたくさんなので、お気に入りの顔を見つけてペットとしてお世話して、しつけなどやってみたいなと思いました。

azu